読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最速で Forkwell を Rails 5 にアップグレードしてみました

Ruby on Rails

こんにちは、Forkwell 開発チームの @sinsoku です。

本日の Riding Rails: Rails 5.0: Action Cable, API mode, and so much more で Rails 5.0.0 のリリースが告知されました。

f:id:tshotoku:20160701180502p:plain

Rails 5 ではいくつもの新機能・変更点があります。

  • Action Cable
  • Rails API
  • Railsコマンド
  • Turbolinks 5

各機能の詳細については、リリース前から既にいくつも記事が出てますし、そちらを参照ください。

そんな Rails 5 のリリース直後ですが、弊社では早速 Forkwell Jobs をアップグレードして、デプロイしてみました。

いくつかの変更は Rails 4.2.6 でも対応できますので、業務の合間などに少しずつ進めておくのがオススメです。 この記事が皆さんの Rails 5 アップグレードの参考になれば幸いです。

目次

  • Rails 5 へのアップグレード前の環境
  • gem の依存関係を解決する
  • 設定ファイルなどの更新
  • Rails Guide に従って更新
    • Active Record Models Now Inherit from ApplicationRecord by Default
    • Halting Callback Chains via throw(:abort)
    • ActiveJob Now Inherits from ApplicationJob by Default
    • Rails Controller Testing
  • schema.rb の更新
  • ApplicationMailer を継承するように修正
  • Turbolinks v5.0.0 対応
    • Progress bar の表示
    • イベントの変更
    • PhantomJS 1.9.2 対応
  • API の仕様変更への対応
    • [Error] Rails 3 時代の count(:xxx, distinct: true) を削除
    • [Error] Rails 3 時代の mass-assignment の修正
    • [Error] find_by(n) みたいな使い方していたので修正
    • [Error] ActiveRecord::Relation で slice が使えなくなっているので to_a.slice に修正
    • [Error] has_many の collection<<(object...) で select を使用したコードを修正
    • [Error] content_tag_for を使わないように修正
    • [Error] namespace 内の root でメソッドが生成されないので修正
    • [Warning] uniq を distinct に変更
    • [Warning] Controller の envを request.env に修正
    • [Warning] alias_method_chain を Module#prepend に修正
    • [Warning] alias_method_chain を Module#prepend に修正
    • [Warning] db/migrate/*.rb で ActiveRecord::Migration[4.2] を使うように修正
  • RSpec
    • [Warning] HTTP request methods の引数の変更
  • 調べる時間がなかった
    • [Error] routes の helper メソッドの引数の挙動が変
    • [Error] テストでミリ秒まで比較するとテストが落ちる
    • [Error] ActionController::Parameters#slice! がエラー
    • [Error] テストで使用していた params でエラー
    • [Error] ActiveRecord#touch が 2回走る?
    • [Warning] render :text を render :plain に修正
  • あとがき

Rails 5 へのアップグレード前の環境

Ruby: 2.3.1 Rails: 4.2.6

また、他の gem は tachikomatachikoma_ai を使い、毎週アップデートを実施してました。

gem の依存関係を解決する

まず rails 以外の gem を可能な限りアップデートします。

$ bundle update

次に rails をアップグレードします。

$ bundle update rails

エラーが出た gem を1つずつ対応していきます。

  1. beta, pre などのバージョンがないか確認
  2. gem 'rspec', '>= 3.5.0.beta3' などで対応
  3. GitHub の master ブランチが対応していないか確認する
  4. gem 'sinatra', github: 'sinatra/sinatra' のように対応
  5. Issue や Pull Request で対応されていないか確認する
  6. 対応されていれば fork されたリポジトリを使用する
  7. ソースコード読んで自分で直す
  8. プルリクを投げるチャンスですね!

地道に対応すれば、そのうち bundle update できるようになります。

設定ファイルなどの更新

rake app:update を実行し、設定ファイルなどを更新していきます。 ただ、競合したファイルはひとまず skip しておきます。

次に別ディレクトリに rails new app5 のように 5.0.0 で新しいアプリを作成し、 skip したファイルは新しいアプリと比較して、手で直しました。

比較方法の一例として、 vim を使った方法を紹介します。

$ vim -d config/environments/development.rb ~/tmp/app5/config/environments/development.rb

変更内容はアプリによって異なるので、各自で頑張ってください。

ちなみに、弊社では ActionCable はまだ未使用のため、コメントアウトしています。

  • config/application.rb
require "action_controller/railtie"
require "action_mailer/railtie"
require "action_view/railtie"
# require "action_cable/engine"
require "sprockets/railtie"
# require "rails/test_unit/railtie"

Rails Guide に従って更新

upgrading-from-rails-4-2-to-rails-5-0 を見ながら、各項目の対応をしました。

Active Record Models Now Inherit from ApplicationRecord by Default

ActiveRecord::Base を直接継承せず、 ApplicationRecord を継承するように直しました。

$ git grep -l ActiveRecord::Base -- app/models | xargs sed -i '' "s/ActiveRecord::Base/ApplicationRecord/g"

既存ファイルの継承元を sed で修正し、 ApplicationRecord を新規に作成します。

# app/models/application_record.rb
class ApplicationRecord < ActiveRecord::Base
  self.abstract_class = true
end

Halting Callback Chains via throw(:abort)

4.2 では before_save などで false を返すと、ROLLBACK されていました。 これが 5.0 では throw(:abort) と明示的に例外を投げる必要があります。

class User
  before_save { false }
  before_save { p 'Hello' } # 4.2 では実行されないが、 5.2 では実行される
end

git grep before_ -- app/models などで該当箇所を調べ、 return falsethrow(:abort) に修正しました。

ActiveJob Now Inherits from ApplicationJob by Default

ActiveJob::Base を直接継承せず、 ApplicationJob を使うようになりました。

$ git grep -l ActiveJob::Base -- app/models | xargs sed -i '' "s/ActiveJob::Base/ApplicationJob/g"

既存ファイルを一斉置換したあとに ApplicationJob を新規作成します。

# app/jobs/application_job.rb
class ApplicationJob < ActiveJob::Base
end

Rails Controller Testing

Rails 5 からコントローラーのテストで assigns などを使う場合は rails-controller-testing の gem が必要になりました。 gem がない状態でテストを実行すると下記のようなエラーが発生します。

Failure/Error: expect(assigns(:user)).to be_a_new(User)
NoMethodError:
  assigns has been extracted to a gem. To continue using it,
          add `gem 'rails-controller-testing'` to your Gemfile.

また、 rails-controller-testing には rails/rails-controller-testing#22 の問題があるため、 require: false にして読み込みを遅延させる必要があります。

# Gemfile
group :test do
  gem 'rails-controller-testing', require: false
end

# spec/rails_helper
RSpec.configure do |config|
  require 'rails-controller-testing'
  [:controller, :view, :request].each do |type|
    config.include ::Rails::Controller::Testing::TestProcess, :type => type
    config.include ::Rails::Controller::Testing::TemplateAssertions, :type => type
    config.include ::Rails::Controller::Testing::Integration, :type => type
  end
end

schema.rb の更新

Rails 5 で schema.rb の形式が変わっているので、更新しました。 一回 rails db:migrate を実行すれば更新されます。

$ rails db:migrate

Rails 5 から rake db:migraterails db:migrate でも実行できるようになっています。

ApplicationMailer を継承するように修正

ApplicationRecord, ApplicationJob と同様に ApplicationMailer になっていたので修正。

$ git grep -l ActionMailer::Base -- app/mailers | xargs sed -i '' "s/ActionMailer::Base/ApplicationMailer/g"

既存ファイルを一斉置換したあとに ApplicationMailer を新規作成します。

# app/mailers/application_mailer.rb
class ApplicationMailer < ActionMailer::Base
  default from: 'from@example.com'
  layout 'mailer'
end

Turbolinks v5.0.0 対応

Progress bar の表示

2.x では Turbolinks.enableProgressBar() を実行していましたが、 5.0.0 ではメソッドが無くなり、デフォルトで ON になっています。

https://github.com/turbolinks/turbolinks/tree/v5.0.0#displaying-progress

色を変える場合は下記のような CSS を用意します。

.turbolinks-progress-bar {
  height: 5px;
  background-color: green;
}

また、プログレスバーを非表示にする場合は visibility: hidden にします。

.turbolinks-progress-bar {
  visibility: hidden;
}

イベントの変更

turbolinks のイベントが変更されているので、対応が必要です。

https://github.com/turbolinks/turbolinks/tree/v5.0.0#full-list-of-events

- $(document).on 'ready page:load', ->
+ $(document).on 'turbolinks:load', ->

よくありがちな ready page:loadturbolinks:load に変更する必要があります。

PhantomJS 1.9.2 対応

PhantomJS 2系だと一部のテストが動かないため、 PhantomJS 1.9.2 を使っていたのですが、 PhantomJS 1.9.2 だと Turbolinks 5.0.0 は動きませんでした。

5.0.0.beta5 までは動いたので、 vender/assets/turbolinks_5_beta5.js を置いて、バージョンを固定して対応しました。

-//= require turbolinks
+//= require turbolinks_5_beta5

ただ、これだと turbolinks をアップデートできなくなるので、早めに PhantomJS をバージョンを上げたい。

API の仕様変更への対応

5.0.0 で API の挙動が色々と変わっていたので、対応しました。 一部、弊社では謎のコード・挙動にも遭遇しましたが、知見の共有として紹介します。

[Error] Rails 3 時代の count(:xxx, distinct: true) を削除

# 4.2.6
User.count(:name, distinct: true)
#   (0.2ms)  SELECT COUNT("users"."name") FROM "users"
#=> 0

# 5.0.0
User.count(:name, distinct: true)
#=> ArgumentError: wrong number of arguments (given 2, expected 0..1)

上記のように、エラーが発生します。 ただ、元のコードでは DISTINCT 効いていません。もしこんなコードを見つけたら、ちゃんと仕様を確認して、修正しましょう。

弊社の場合 使われていないページ でしたので、該当箇所のコードは全て消しました。直す場合は下記の通りです。

# 5.0.0
User.distinct.count(:name)
#   (0.6ms)  SELECT DISTINCT COUNT(DISTINCT "users"."name") FROM "users"
#=> 0

[Error] Rails 3 時代の mass-assignment の修正

# 4.2.6
User.new(params[:user], as: :admin)
#=> <User id: nil, name: "foo", ...

# 5.0.0
User.new(params[:user], as: :admin)
#=> ArgumentError: wrong number of arguments (given 2, expected 0..1)

上記のように、エラーが発生します。 Rails 4 からは Strong Parameters を使うべきなので、修正しましょう。

class UsersController < ApplicationController
  def create
    @user = User.new user_params
  end

  private

  def user_params
    params.require(:user).permit(:name)
  end
end

[Error] find_by(n) みたいな使い方していたので修正

# 4.2.6
User.find_by(1)
#  User Load (0.2ms)  SELECT  "users".* FROM "users" WHERE (1) LIMIT 1
#=> nil

# 5.0.0
User.find_by(1)
# ArgumentError: Unsupported argument type: 1 (Fixnum)

上記のように、エラーが発生します。 弊社の場合、運良く動いていましたがメソッドの使い方が謎なので、仕様を確認して直しましょう。

[Error] ActiveRecord::Relation で slice が使えなくなっているので to_a.slice に修正

# 4.2.6
User.all.slice(0)
#  User Load (1.9ms)  SELECT "users".* FROM "users"
#=> #<User id: 1, ...

# 5.0.0
User.all.slice(0)
#  User Load (1.2ms)  SELECT "users".* FROM "users"
#=> NoMethodError: undefined method `slice' for #<User::ActiveRecord_Relation:0x007fad46c2bcf8>

上記のように、エラーが発生します。 ActiveRecord 周りの仕様が変わったぽい。ひとまず to_a すれば元の挙動を維持できるので、それで対応しました。

# 5.0.0
User.all.to_a.slice(0)
#  User Load (0.1ms)  SELECT "users".* FROM "users"
#=> #<User id: 1, ...

[Error] has_many の collection<<(object...) で select を使用したコードを修正

モデルの構造は下記の通り。

class User < ApplicationRecord
  has_many :posts, through: :bookmarks
  has_many :bookmarks
end
# 4.2.6
u.posts << Post.select(:id)
#  Post Load (0.1ms)  SELECT "posts"."id" FROM "posts"
#   (0.1ms)  begin transaction
#  SQL (0.6ms)  INSERT INTO "bookmarks" ("user_id", "post_id", "created_at", "updated_at") VALUES (?, ?, ?, ?)  [["user_id", 1], ["post_id", 1], ["created_at", "2016-06-12 11:49:54.391603"], ["updated_at", "2016-06-12 11:49:54.391603"]]
#  SQL (0.1ms)  INSERT INTO "bookmarks" ("user_id", "post_id", "created_at", "updated_at") VALUES (?, ?, ?, ?)  [["user_id", 1], ["post_id", 2], ["created_at", "2016-06-12 11:49:54.401580"], ["updated_at", "2016-06-12 11:49:54.401580"]]
#   (0.9ms)  commit transaction
#  Post Load (0.2ms)  SELECT "posts".* FROM "posts" INNER JOIN "bookmarks" ON "posts"."id" = "bookmarks"."post_id" WHERE "bookmarks"."user_id" = ?  [["user_id", 1]]
#=> #<ActiveRecord::Associations::CollectionProxy [#<Post id: 1>, #<Post id: 2>]>

# 5.0.0
u.posts << Post.select(:id)
#  Post Load (0.1ms)  SELECT "posts"."id" FROM "posts"
#   (0.1ms)  begin transaction
#   (0.1ms)  rollback transaction
#=> ActiveModel::MissingAttributeError: missing attribute: user_id

上記のように、エラーが発生します。 ただ、そもそも元のコードで N+1 が起きていたので、弊社では zdennis/activerecord-import を使って collection<<(object...) を使わない形に修正しました。

[Error] content_tag_for を使わないように修正

<!-- 4.2.6 -->
<table>
  <!-- -->
  <%= content_tag_for(:tr, @user) do %>
    <td><%= @user.name %></td>
  <% end %>
</table>

<!-- 5.0.0 -->
<table>
  <!-- -->
  <%= content_tag_for(:tr, @user) do %>
    <td><%= @user.name %></td>
  <% end %>
</table>
<!--
ActionView::Template::Error (The `content_tag_for` method has been removed from Rails. To continue using it, add the `record_tag_helper` gem to your Gemfile:
  gem 'record_tag_helper', '~> 1.0'
Consult the Rails upgrade guide for details.):
-->

上記のように、エラーが発生します。 メッセージに従ってrecord_tag_helperを入れても良かったのですが、使用箇所も1つでしたので使わないように変更しました。

ちなみに、関連するIssueは↓です。

I remember adding RecordTagHelper as an experiment, but never felt happy with its use in real life. Let's kick it out in a gem and remove it from core. https://github.com/rails/rails/issues/18337

[Error] namespace 内の root でメソッドが生成されないので修正

# 4.2.6
Rails.application.routes.draw do
  root 'top#index'
  namespace :admin do
    root 'top#index'
  end
end
#         root GET    /                             top#index
#   admin_root GET    /admin(.:format)              admin/top#index

# 5.0.0
Rails.application.routes.draw do
  root 'top#index'
  namespace :admin do
    root 'top#index'
  end
end
#         root GET    /                             top#index
#              GET    /admin(.:format)              admin/top#index

上記のように、helper メソッドが生成されなくなります。 as オプションを使用して修正する必要があります。

Rails.application.routes.draw do
  root 'top#index'
  namespace :admin do
    root 'top#index', as: :root
  end
end
#         root GET    /                             top#index
#   admin_root GET    /admin(.:format)              admin/top#index

[Warning] uniq を distinct に変更

# 4.2.6
User.uniq
#  User Load (2.9ms)  SELECT DISTINCT "users".* FROM "users"
#=> #<ActiveRecord::Relation [#<User id: 1, name: nil, created_at: "2016-06-05 13:39:31", updated_at: "2016-06-05 13:39:31">]>

# 5.0.0
User.uniq
#DEPRECATION WARNING: uniq is deprecated and will be removed from Rails 5.1 (use distinct instead). (called from irb_binding at (irb):2)
#  User Load (0.2ms)  SELECT DISTINCT "users".* FROM "users"
#=> #<ActiveRecord::Relation [#<User id: 1, name: nil, created_at: "2016-06-05 13:39:19", updated_at: "2016-06-05 13:39:19">, #<User id: 2, name: nil, created_at: "2016-06-12 11:36:46", updated_at: "2016-06-12 11:36:46">]>

上記のように、警告が発生します。 修正方法は下記の通り。

User.distinct
#  User Load (0.2ms)  SELECT DISTINCT "users".* FROM "users"
#=> #<ActiveRecord::Relation [#<User id: 1, name: nil, created_at: "2016-06-05 13:39:19", updated_at: "2016-06-05 13:39:19">, #<User id: 2, name: nil, created_at: "2016-06-12 11:36:46", updated_at: "2016-06-12 11:36:46">]>

[Warning] Controller の envを request.env に修正

# 4.2.6
env['HTTP_USER_AGENT']
#=> "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X...

# 5.0.0
env['HTTP_USER_AGENT']
DEPRECATION WARNING: env is deprecated and will be removed from Rails 5.1
#=> "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X...

上記のように、警告が発生します。 修正方法は下記の通り。

request.env['HTTP_USER_AGENT']
#=> "Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X...

[Warning] alias_method_chain を Module#prepend に修正

サンプルコードは下記の通り。*1

class User < ApplicationRecord
  def say
    puts 'Hello, World'
  end

  def say_with_name
    puts "Hi, #{name}"
    say_without_name
  end
  alias_method_chain :say, :name
end

各バージョンで試した結果は下記の通り。

# 4.2.6
User.new(name: 'sinsoku').say
#=> Hi, sinsoku
#=> Hello, World

# 5.0.0
User.new(name: 'sinsoku').say
#=> DEPRECATION WARNING: alias_method_chain is deprecated. Please, use Module#prepend instead. From module, you can access the original method using super.
#=> Hi, sinsoku
#=> Hello, World

警告メッセージに従い Module#prepend を使う形に修正しました。

class User < ApplicationRecord
  def say
    puts 'Hello, World'
  end
end

module SayWithName
  def say
    puts "Hi, #{name}"
    super
  end
end
User.prepend(SayWithName)

[Warning] db/migrate/*.rb で ActiveRecord::Migration[4.2] を使うように修正

migration のサンプルコード。

class CreateUsers < ActiveRecord::Migration
  def change
    create_table :users do |t|
      t.string :name

      t.timestamps
    end
  end
end

これは 5.0.0 で警告が出る。( rails db:migrate警告は出ませんでしたが、直した方が良さそうなので直しておきました)

追記: id:sue445 さんのコメントの指摘通り log/development.log に WARNING が出ていました。

DEPRECATION WARNING: Directly inheriting from ActiveRecord::Migration is deprecated. Please specify the Rails release the migration was written for:

  class CreateUsers < ActiveRecord::Migration[4.2] (called from require at bin/rails:4)

これは sed で一斉置換して対応しました。

$ git grep -l ActiveRecord::Migration -- db | xargs sed -i '' "s/ActiveRecord::Migration/ActiveRecord::Migration[4.2]/g"

RSpec

[Warning] HTTP request methods の引数の変更

RSpec.describe UsersController, type: :controller do
  describe "GET #show" do
    it "assigns the requested user as @user" do
      user = User.create!
      get :show, id: user.to_param #=> ①
      expect(assigns(:user)).to eq(user)
    end
  end
end

① の行で警告が表示されます。

DEPRECATION WARNING: ActionController::TestCase HTTP request methods will accept only
keyword arguments in future Rails versions.

Examples:

get :show, params: { id: 1 }, session: { user_id: 1 }
process :update, method: :post, params: { id: 1 }

警告メッセージに従って、メソッドの引数を修正しました。

 RSpec.describe UsersController, type: :controller do
   describe "GET #show" do
     it "assigns the requested user as @user" do
       user = User.create!
-      get :show, id: user.to_param
+      get :show, params: { id: user.to_param }
       expect(assigns(:user)).to eq(user)
     end
   end
 end

調べる時間がなかった

4.2.6 と 5.0.0 で比較するのに予想以上に時間かかったので、以下は現象だけ紹介。

(あとで再現できたら、追記します)

[Error] routes の helper メソッドの引数の挙動が変

# /users/:user_name
user_url(user_name, options)

上記のような書き方をしていた箇所がエラーになるケースがありました。

user_url(options.merge(username: user_name))

こんな感じで対応しました。

[Error] テストでミリ秒まで比較するとテストが落ちる

テストで時刻を比較しているテストが落ちていました。

it { expect(job.published_at).to eq now }

byebug で調べてみると、どうもミリ秒の部分が異なるのが理由みたい。 弊社では秒単位の比較で十分だったので、下記のように to_i で対応しました。

it { expect(job.published_at.to_i).to eq now.to_i }

[Error] ActionController::Parameters#slice! がエラー

params[:data].slice! のように書いていた箇所が動かなくなっていたので修正しました。

 def update
-   data = params[:data].slice!
+   data = params[:data].to_h.slice!
    # ...
 end

[Error] テストで使用していた params でエラー

テストで permit せずにアクセスしていたため、エラーになっていました。

it { expect(controller.params[:q].to_unsafe_h.symbolize_keys).to include(freeword: 'keyword') }

テストなので、 to_unsafe_h を使って対応しました。

[Error] ActiveRecord#touch が 2回走る?

Rails の Optimistic Locking を使っているコードで ActiveRecord#touch が2回走るような謎の現象に遭遇しました。

弊社では色々とあって、楽観的ロックを使うコードがなくなり、結果として対応が不要になりました。 ただ、発生原因がよく分からなかったので、アプリで使っている人は気をつけた方が良いかも。

[Warning] render :text を render :plain に修正

DEPRECATION WARNING: `render :text` is deprecated because it does not actually render a `text/plain` response. Switch to `render plain: 'plain text'` to render as `text/plain`, `render html: '<strong>HTML</strong>'` to render as `text/html`, or `render body: 'raw'` to match the deprecated behavior and render with the default Content-Type, which is `text/plain`.

まだ対応できていない。

あとがき

Rails 5 のアップグレード、動作検証、リリース、そして長いブログを書いて、本当に疲れた。ビール飲みたい。

そんな Rails 5 にアップグレードされた Forkwell Jobs で、ぜひ Ruby 求人を検索 してみてください。 あと、テストしているので大丈夫だとは思いますが、変な挙動を見つけたらこっそり教えてください。

*1:実際は Rails やその他 gem にモンキーパッチを当てる場合に使ってました