週4日リモートワークで見えた世界

おはらっきー(挨拶
最近『まもって守護月天!』のOPをひたすら聴きまくっている@_tbabaです。懐かしいですね。

実は自分、最近はずっと自宅から仕事をしておりまして、それで感じたこととか、特に感じなかったこととか、便利だったり不便だったりしたことを書いてみようと思います。
だいたい↓のような感じで進行します。

  • そもそも何でリモートワークになったのか
  • 家って集中できなくね?
  • あんたが思うリモートワークの最大の利点って何よ
  • 逆に欠点は?
  • 結論

それではどうぞー。

ぶっちゃけ合う人と合わない人がいるっていう結論

流れ作っといていきなりぶった斬りますけど、リモートワークは合う人と合わない人といるので、この記事が全部正しいとかそういうふうに考えたりしないで、一度試してみればいいんじゃないですかね、というのはまず最初に言っておこうと思います。

ちなみに俺は普通です。特に変わりません。あ、でも健康にはなりました、精神的な意味で(後述)。

そもそも何でリモートワークになったのか

新しくチームを組んで、新しいコードを書くことになったのが9月半ばなんですが、そこから3ヶ月経ってだいぶこなれてきて、オフィスで相方と会話する時間が減ってきたんですね。

そこでふと考えてしまったわけです。

「あれ、会話しないならチャットがあれば十分なんじゃね?」

と。

で、二人で話し合って上司に『ちょっとリモートワーク試してみたいです』と話してみました。そしたら条件付きで認められまして、まずは週2日間のリモート勤務(火・水だったかな?)で稼働させてみよう、ということになりました。
そこからちょっとずつ増やしていって、リモートワーク開始から3ヶ月経った今ではむしろオフィスに行くのが稀、という状況にまでなりました。行ったらレアキャラ扱いされます。珍獣かと。

実際どういう働き方をしているのか

とりあえず一日のスケジュールとかそういうのをザックリと紹介します。

時間 やってること
8:30 起床、朝食
9:00 アニメを見る or ドラムを叩く ※1
9:30 チャット等々を立ち上げる、昨日の仕事を思い出す
10:00 オフィス始業、朝会(Skype)
〜13:00 コードをモリモリ書く、あるいはチャットで仕様の話
13:00 昼食、ドラムを叩く
〜19:00 コードをモリモリ書く、あるいはチャットで仕様の話
19:00 夕食
〜20:00 仕事終了

ちなみに、コードを書いている間、適宜休憩を挟んでます。

ここで注目したいのが、※1ですね。頭を仕事モードに切り替える前にリラックスさせます。「これが終わったら仕事だ」という風に刷り込みを行ってます。そうすることで、精神的な意味でスムーズに仕事に取り掛かれるようになります。俺の場合はアニメを見ている時か、ドラムを叩いている時が一番心が穏やかなときなので、意図的にそういう状況を作り出した上で、仕事モードに移行しています(たまに家事が差し込まれて出来ないこともありますが)。

ちなみに電話がかかってきたりすることは一切ありません。朝会のSkype以外は全部チャットとメールで済ませています。これにもちゃんと意味があります。オフィスだと結構カジュアルに話しかけられることが多くて、基本気にはならないのですが、もしその時めちゃくちゃ集中していたとしたら、そこで集中力がぷっつり途切れてしまい、そこから立ち直るのは相当難しいです(経験ある人、いますよね?)。これもリモートワークにした理由のひとつで、差し込みとかを極力減らし、非同期なコミュニケーションに終始し、集中力を途切れさせない環境を物理的に作り出しました。

協力して頂いている営業の方々やプロジェクトマネージャーにはちょっと申し訳ないのですが、その分最速でコードを書いている、つもり、です。

あんたが思うリモートワークの利点って何?

前項にも書いてるのですが、集中力を途切れさせる外部要因がないことが、まずひとつ利点としてあげられます。

っていうのは結構語り尽くされた話だと思うので、まぁREMOTEとか読めば良いと思います

『通勤が無い』こと

はい、これが最大の理由にして強みです。間違いないです。

もちろん、会社から徒歩圏内の人だったらそんなに気にならないかもしれませんね。しかしながら、俺みたいに 片道20分の徒歩と1時間の満員電車 がある人間にとっては、体力的にも精神的にも結構削られる作業なのです、通勤は。

ぶっちゃけ通勤するだけで疲れます。高コストです。人生の無駄遣いです。

「そこに住みたくて住んでるんだから文句言うなよ」

えぇ、ごもっともです。でも、良く考えてみてください。1時間満員電車に揺られる時間の分、英気を養って、午前中にモリッと仕事ができたら、明らかに効率が良いと思いませんか。

それに、通勤するということは帰り道もあります。往復したら約3時間です。重いですね。

もちろん、長い通勤時間を全て否定するつもりはありません。中には自分が住みたい場所というキーワードで選んだ結果、通勤時間の優先度が低くなっているだけ、という人もいるでしょうし、それを許容できるのであればそれはとても良いことだと思います。かくいう俺も、元々は八王子の自宅にスタジオを構えていて、そこを出る気が毛頭ないために長距離通勤をしていた人間ですし。

ただ、俺の場合はちょっとそのコストよりも通勤しないで体力を温存する方向で、仕事に集中してもらったほうが効率が良いならそうしてくれ、という話もあって、こうなってます。

『自分のためだけの空間を作れる』こと

これもオフィスではなかなか難しいことですね。なにしろ自分一人の空間ではないのですから。

例えば俺の部屋は今、ソファとローテーブルという環境になっています。ここ以外で仕事することはほぼありません(たまにスタジオで仕事をすることもありますが、そちらは楽器という誘惑が強すぎるのであまり使わないようにしています)。

自分好みの環境でプログラミングが出来るというのは、精神衛生上とても大事なことだと思っているので、結構気を使っています。

逆に欠点は?

話し合いがリアルタイムじゃなくなる

例えばちょっと仕様や実装の相談をしたいと思った時に、それが非同期になってしまうと、『今困ってるけど返事がないからちょっと別のことやってよう』となります。そうするとそちらのことをやっているうちに、相談内容を忘れてしまい、話し合いができる頃にまた思い出さなきゃいけない、ということになります。

そうなるのを防ぐためになるべく相談したい内容は文章化してそれを読めば一瞬で思い出せる状況を作っておかなければならないので、ちょっと手間です。

もちろん致命的な欠点というわけではなくて、 文章化することで自分の頭のなかが整理される ので、相談するまでもなく解決したりすることもあるのですが。


くらいしか思いつかないです。

そのくらいリモートワークはこのチームにしっくりときていると思います。

結論

長々と書きましたが、リモートワーク、もししっくり来るのであれば、ぜひ推奨したいです。

ある程度作るものが固まっていて、それぞれのチームメンバーが有機的に動けるような環境が整っているのであれば、あとは個々人のモチベーションによってリモートワークの成否が問われるのではないでしょうか。

そんな弊社ではForkwellというプロダクトに携わってくれるエンジニアを募集しています。もしご興味あれば、一度遊びに来てみてください。 (期待を裏切らないように言っておくと、Forkwellチームはみんな出社してコードを書いています)

それじゃ今回はだいたいこんな感じで。

チームでesaを使ってみた結果 ※追記あり

やっはろー(挨拶

最近自宅勤務が続いてるtbabaです。
元々某弊社はQiita:Teamをめっちゃ使ってるんですが、最近とあるプロジェクトでesaを使い始めて、それがだいたい3ヶ月位経ったので、どんなもんなのよ、というのを書いてみようと思います。

前置き

この記事は個人的にesaを応援したくて書いているものですので、めちゃくちゃ個人の感情のままに書いてあります。
事実はこの通りじゃなかったりする可能性もあるので、実際に使ってみると良いと思います

なんで使ってみたの

中の人が知り合いだからです。
いやそれも大事なことなんだけどそれで言うとQiita:Teamもそうだし、ぶっちゃけそれはきっかけでしかないです。

俺が元々いたチーム(Forkwellのことですね)から新しいプロジェクトチームに移って、そっちでドキュメント共有とか何か物書きとかそういうのをどうしようかという話をしていた時に、一旦はQiita:Teamを使っていました。
ただ、そっちはForkwellチームの人間しか居ないので割と俺らのプロジェクトの情報がガンガン流れていってしまったりしてました。
で、色々やりかたはありそうだけど試しに別サービスを使ってみようか!と思った、というのがキッカケです。

あと全体的にかわいい。

どんな感じで使ってるの

とりあえずなんとなく頭のなかにあるものはどかっと突っ込んでる感じです。

  • 日報
  • 仕様に関する質問
  • 仕様の詳細
  • ポエム

例えばこの記事もesaで書いてますね。

仕様に関する質問とか結構秀逸な使い方ができてると思ってて、チームのプロジェクトマネージャーもesaに入ってもらって、彼に対してメンションを投げると、彼のメールアドレスにアラートが飛んで、質問に回答がある、というような感じで運用しています。ちなみに回答し終わったものには「回答済み」というタグを付けることで整理してます。

後は日報をまず一日の仕事の最初に書くようにしてます。その時に「今日やること」のリストをチェックボックスにすると、やり終わった時にチェックできて小さな達成感に浸れてGoodです。

俺自身が現在会社に来るのが週1日というリモートワーク生活なので、何かとesaに放り込んだりSlackに書き込んだりしてレスを待つ生活を送っているのですが、こういう「ちょっとした楽しみ」みたいなのがあるとちょっと疲れた時とかにふとesaを見に行くようになったりするので、より使うようになるっていう良さもありますね。仕事が捗る。

どんなところが良いの

全体的にこなれてるというか、迷いを産まない感じのレイアウトになってる感じがすごく良い感じです。

ウェブアプリケーションって、「単に作る」のは割とカンタンなんだけど、「使いやすく作る」のはかなり難しいと思うんですよね。だけどesaは基本的な「書く」という動作に対する障壁がすごく低いというか、そこに行き着くまでが短いし、なによりページを開いて一番目立つところに新規投稿ボタンがあるので、全く迷わずに書けるんですね。ただ使うだけだったら。

後、カテゴリー分けがすごく分かりやすいです。タイトルを/で区切るとそれがカテゴリーになるんですけど、それが分かりやすいようにplaceholderに書いてあるし、やったらちゃんと階層化されるし、POSTSっていうリンクからは階層化された記事一覧にいけて、しかもそれなりに速いし、サクサク動くので心地よい感じです。

そして個人的にはこれが一番好みなんですが、Save as WIPという機能があります。これ目からウロコというか、なるほどなーと思ったんですが、文章をある程度出来た所で、どこに保存するの、っていうと、下書き保存っていうことになると思うんですよね。それができるならまぁ良いんですけど、こういうサービスにはあまり無かったような気がしていて、良いと思います。「この文章はまだ下書き段階というか完成してないんだからね!」っていう。他のサービスだとタイトルの頭に自分で「WIP」って入れたりしてたので、それを気にしないでいいのは良いですね。 あとWIPで保存した時に通知が飛ばないのも地味に嬉しいです。やっぱまだ書き途中だからあまり大勢の目に触れさせたくないんだよねー、という思いがあるので。

ここを直して欲しいとかあるの

まぁ大雑把に言うと「そんなに無い」んですけど、やっぱり使ってるうちに色々思うところは出てきますね。

記事投稿画面の右側のプレビューが微妙に遅かったりする

ちょっとあれだなぁ、って思ってる点です。

俺の指の動きが早過ぎるだけなのかなぁ、とか思ったりもしたのですが、それだけが原因というわけでもなさそうで、keyupを拾おうとしてなんか色々やってるうちに拾いきれなくてアボーン、なのかなぁとか考えたりしてます。コード見てないけど。

まぁMarkdownを見るだけでだいたいどんな見た目になるのかは想像できるというエスパー力を持ってるので、特に気にはならないんですけど、ふと目に入った時に書いてる内容と違う事がプレビューされてたりすると見返したくなりますね。

コメントがAjaxじゃない現在はAjaxになってます!

最近コメントとかはもうAjaxでサクッと動作するみたいなの多いじゃないですか。

でもesaはコメントもふつうのHTTPリクエストなので、Cmd+Returnしてそのままリクエストが届いてるかどうか確認せずに閉じようとしちゃうことがたまにあって、実際それで閉じちゃってどうなったっけ!?って不安になるんですよね。

まぁ大抵ふつうにコメントできてるんですけど。それがちょっとだけストレスだったりします。

後はまぁほんとに細かいところなのでアレですね。フィードバックから出しますね。

そういえばフィードバックを出してからKAIZENがなされるまでが結構素早くて感動します。今日1件出したんですけど「あとで直します!」って返事が来てちょっと嬉しかったです。

まとめ

こういうチーム内のドキュメント共有ツールって、Qiita:Teamがデファクトだと思うし、実際QiitaもKobitoもくそ便利なんだけど、esaにはesaの良さがあるので、是非一度使い比べてみると良いと思いました。

2ヶ月はフリートライアルできるらしいよ!

おまけ

そんな感じの某弊社ですが俺が今はあまり絡んでいないForkwellというサービスに携わるエンジニア・デザイナーをめっちゃ募集してる様子です。

エンジニアが自分たちで「こんな機能が欲しいよね」という話をして、という感じで進めていってるので、サービスを作るのが好きという方にはもってこいの環境なんじゃないかなと思います。

もし興味のある人がいたら以下のリンクから求人情報を見てみたり、@_tbabaまで連絡いただければと思います。

アリーヴェデルチ!

追記(2015.03.04 13:32)

↑の方で コメントがAjaxじゃない とかワガママを言ったら、その日のうちにAjax化されてました

いやホント驚くべき改善速度ですね。まじですごい。

Forkwell Bar #1 を開催しました

こんにちは、ビールエンジニアの @yachibit です。

2/25(水)に「Forkwell Bar #1」というイベントを開催しました。当日は9名のエンジニアにご参加いただき、ビールとピザを片手にもくもく開発をしたり、技術談義をしたりしました。

なぜ開催したか?

初回なので、このイベントの開催理由について触れておこうと思います。

ビールを飲みながらコードを書くと楽しい

あんちぽさん が「酒を飲みながらコードを書く」というスライドで言及されている通り、お酒を飲みながらコードを書くと捗ります笑 コード書くの楽しい!という高揚感に包まれて、開発がスムーズに進んだ経験は皆さんにもあるのではないでしょうか。同時にバグが増えたという経験も(ry

技術的な悩みや知見を共有し合いたい

技術談義は楽しいですし、アルコールも交えてワイワイお話しできたら、きっともっと楽しいはずですよね。

弊社のサービス ForkwellForkwell Jobs の宣伝

宣伝をする代わりに、ビールとピザ代を会社負担してほしいと提案したところ、社長が快諾してくれました。本当にいい会社です。

イベントレポート

19:30 ~

参加者にはホワイトボードに、名前と今日やることを書いてもらいました。 ある程度人数が集まったところでカンパイ!Forkwell 開発チームは酒好きが多いこともあり、クラフトビールを用意しました。定番の よなよなエール や 水曜日のネコ、PUNK IPA に加え、最近は見かけることが少なくなった KAGUA など豪華なラインナップ。

f:id:yachibit:20150302194417p:plain

19:45 ~

ピザ(ナポリピッツァ)が到着しました。今回は弊社ビルの隣にある人気ピッツェリア Napule のピザをご用意しました。生地もソースもさすがの味。焼きたてということもあり、オリーブオイルやトマトソースが垂れて食べづらかったことについては、申し訳ありませんでした笑

f:id:yachibit:20150225195129j:plain

20:00 ~

ピザを食べたあとは、各自もくもくしたり、談笑したりして時間を過ごしました。

21:00 ~

自己紹介と今日やったことを皆さんに発表してもらいました。 Ruby のバグ修正に関する話や、Go でのコマンドラインツール開発に関する話など、バラエティ豊かな発表で会場は盛り上がっていました。

f:id:yachibit:20150225213229j:plain

あとがき

その後も談笑は続き、皆さんが帰られたのは23時ごろでした。(楽しんでもらえたという解釈で大丈夫でしょうか?) 個人的にはとても楽しかったので、月1回くらいのペースで継続的に開催していきたいと思っています。 このイベントが、技術的な悩みや知見を共有したり、エンジニアの交流が生まれる場となってくれたらいいなと思います。ついでに、Forkwell の存在感も示して行けたらいいですね。


【PR】弊社ではエンジニアとデザイナーを絶賛募集中です。